逆流性食道炎にネキシウムが有効な理由

薬を飲む女性

逆流性食道炎とは胃の中に存在する胃酸が食道側に逆流して胃酸が食道を傷害して炎症を引き起こす疾患です。
逆流性食道炎が起こる原因としては主に2つの原因が挙げられます。
まず1つ目に、下部食道括約筋のゆるみによって、食道と胃の境界部が閉塞不全を起こすためです。
健常人の場合には普段は食道と胃の境界はふさがっている状態になっていますが、この下部食道括約筋のゆるみによって常に食道と胃の境界が開いた状態となってしまいます。
そうすると胃酸が食道方向へ逆流しやすくなり、特に胃酸の量が多くない場合でも逆流性食道炎が起こってしまうのです。
2つ目の原因としては胃酸の分泌過多が挙げられます。
胃酸の量が多くなると、胃の内容物が多い場合には胃酸が食道の方へとあふれ出てしまうのです。
こういった逆流性食道炎の治療には胃酸分泌抑制薬が使用されることが多いです。
胃酸分泌抑制薬にはプロトンポンプ阻害薬とH2ブロッカーが存在します。
いずれもプロトンポンプが作用点となります。
プロトンポンプ阻害薬はプロトンポンプ自体の機能を阻害することによって胃酸分泌を抑制します。
一方、H2ブロッカーはプロトンポンプに存在するH2受容体を遮断することによってヒスタミンによる胃酸分泌を抑制します。
しかしプロトンポンプにはH2受容体の他に、アセチルコリン受容体とガストリン受容体が存在し、これらの働きによってもプロトンポンプは働きます。
よってH2ブロッカーよりもプロトンポンプ阻害薬の方が効果が強いのです。
このプロトンポンプ阻害薬の中でもネキシウムは特に効果の強い薬です。
ネキシウムは元々存在したオメプラゾールというプロトンポンプ阻害薬を改良した薬なのです。
オメプラゾールはラセミ体でしたが、ネキシウムの有効成分エソメプラゾールはオメプラゾールの鏡像異性体のうち胃酸分泌抑制作用の強力なS体のみを抽出した薬なので作用も極めて強力なのです。

サイト内検索
最近の投稿

逆流性食道炎にネキシウムが有効な理由

2019年7月9日
アーカイブ
人気記事一覧
1
逆流性食道炎にネキシウムが有効な理由

2019年07月09日
(28 Views)